2011年11月27日

放射線測定器のレンタルから見えたこと


放射能の問題は深刻です。

何が深刻かといえば、その対応しなければならない範囲の広さ。
市民の健康だけではなく、人権問題にも発展するような
そんな問題がここ桐生市でも発生しています。

今、市民政策スタジオでは、議員報酬で購入した放射線測定器を
市民の皆さんにレンタルしています。
市民の皆さんの不安を少しでも和らげる事ができればと
購入いたしました。

本来は無料でお貸ししたいのですが、公職選挙法の寄付行為の禁止の規定があり
無料ではお貸しできないようなので、1泊でも2泊でも、とりあえず1回10円をいただいています。

そんなわけで、9月から1回10円の放射線測定器のレンタルを続けてきたわけです。
利用者はたくさんいらっしゃいました。

現在の状況を報告させてもらえば、
レンタルの予約はすでに2ヵ月待ちの状態」です。
市民の皆さんの不安の気持ちを痛いほど感じます。

そんな事で、測定器のレンタルを通じて、この3ヵ月あまり
小さいお子さんを持つお母さん、そして家族を守りたいお父さん
そのような方と何人もお話をしてまいりました。

それを通じて問題と感じているのが、
桐生市の多くの幼稚園、小学校では、
校内で放射能を問題にするのはタブーになってしまっていること。

子供が心配だからお弁当を持たせたい、水筒を持たせたい。
けど、事を荒立てるとPTA内で陰口が聞こえる。
さらには、給食ではなくお弁当を食べる児童への児童どうしのいじめ・からかい。
だから、お弁当を持つのをいやがる子供。
言うことを聞かない子供にストレスを溜めてしまう母親。

あまりの不安から心のバランスを崩す母親。
そんな母を見て、どうして良いかわからず登校拒否になってしまった小さい子供。
妻の不安を共有することができず、ケンカを繰り返し
離婚、家庭の崩壊をまねいた家族。


これ、事実として、皆さんの住む桐生市におこっている事象です。

放射能が命・健康にかかわることは当たり前ですが
このように、放射能問題は、命や健康だけでなく
市民生活の様々なところに影を落としてしまっています。

そんな中、市民政策スタジオでは、小さい子供を持つお母さんが集まって
放射能問題に関しての市内の情報交換を目的としたグループができつつあります。

そこでは市議会議員として得ることができた情報を率先して提供させていただいています。

また、そのグループでは、
自分の子供は自分たちで守ると、
食品の放射線を測る機械を、
みんなでお金を出し合って、購入してしまおうとも話しています。
桐生市が内部被ばくを問題にせず、
いつまでも食品の放射線測定器の購入のための予算をつけないならば
自分たちで子供を守るため行動する。
一番恐れるべきは、内部被ばく。
僕の議員報酬もその足しになればと考えています。
議員は意味もなく期末手当(ボーナス)が230万円もでるのだから。

そんなわけで、小さい子供を持つお母さん、お父さんで
放射能を心配される方は、ぜひ市民政策スタジオまで
ご連絡ください。
むしろ皆さんの御力をお貸し下さい。

よろしくお願いいたします。

また、私は、庭山議員に今日もブログで馬鹿にされまくっていますが
庭山議員も放射能問題には力を入れられています。
批判はそのままで結構ですから、放射能問題に関しては御力をお貸しいただければ
と思います。
よろしくお願い申し上げます。


桐生市議会議員 伏木やすお


市民政策スタジオin桐生
〒376−0045
桐生市末広町7−21 岡崎ビル 中央号室
tel:0277−46−9091


posted by なすお at 20:43| Comment(23) | 日記

2011年11月26日

今議会の見どころ


11月19日のくまちゃん会議(市民政策スタジオの市民討論会)では

12月議会の見どころについて、お話しています。

注目の議案は

@ 市長や副市長、市議会議員の報酬に関する議案

A 各指定管理事業の指定管理者の承認に関する議案

でしょうか。


@については、いわずもがな、市民政策スタジオで市民の皆さんを交えて
何度も議論してまいりました。

当局提案では、市長や市議会議員も含め12パーセントの削減を提案してきますが
私と飯島議員は、市議会議員のみ50パーセントの削減を求めて
修正案を提示いたします。

これからの時代、市議会議員はどうあるべきなのか。
議会で市議会議員どうしの議論が行われます。

Aについては、
具体的にいうと
市民文化センター、桐ヶ丘遊園地、総合福祉センター、体育館・球場などの体育施設。
新里のカリビアンビーチの指定管理者の承認になります。

今後、当該施設をより効率的、効果的に運用するためにはどうすべきか。
どのような準備があるのか、議会で審査いたします。


また、指定管理者に関しては、別件でも注目が集まります。

現在の桐生市議会政治倫理条例では、市議会議員は指定管理者の役員にはなってはいけません。
企業と市議会議員の癒着の温床になりうるからです。

その「桐生市議会政治倫理条例」の改正案が議員提案で提出されます。

改正内容は、市が半分以上出資している団体に限っては

指定管理者の役員になってもよいとする」ものです。

様々な議論があるなか、
私としては、改正に反対の立場でいます。

そんなわけで、色々と注目すべき議案があるなか
12月議会は開催されます。

ご期待下さい。


11月19日 くまちゃん会議

「12月議会の見どころ」











posted by なすお at 13:52| Comment(0) | 日記

2011年11月12日

議員報酬半減条例


昨日、議員報酬半減条例に関しての
市民討議会が最終回を迎えました。

最終回は、飯島議員と私、伏木だけでなく、
飛び入りで庭山議員も参加されて
いつも以上に議論は白熱いたしました。

結論からすれば、
12月議会に議員報酬の50パーセントカットを盛り込んだ議案を上程します。
議員期末手当廃止に関する条例案は、3月以降の議会で別途上程することに
なりました。

とにかく、論点をわかりやすくしようということ。
市民の皆さんに何が問題となるのか、できる限り伝わるようにするということで、
議会には議案を論点毎に別々に提出することにしました。


昨日の会議の様子も中継・録画していましたので
興味のある方はご覧ください。
とにかく面白かったです。

私自身は進行役ということで、意見を強く言えなかったのが
ちょっと悔しかった感じですが(笑)


庭山議員へのお答え

先ほど、このブログのコメント欄から、近郊の市民さんより、
ただのパフォーマンスという庭山議員に対して
伏木議員はどのように反論するかという質問がありましたので
この場にて答えさせて頂きます。
 

私は、物事を変えるためには、実際に原案としての条例案をつくって、
変える事のできる場所・議会で、まずは議論を始めることが大切だと考えます。

最初は、馬鹿にされるような提案でも、議会で何度も否決されながらも話し合って、
改訂して何度も議会に上程して、
そしてその議論が市民の皆さんにも広がっていけば、いずれ変わるかもしれない。

議論が広がって、市民の皆さんの理解を得ることができれば、きっと変わる。
選挙だってあるのだから。その為の選挙ですから。

変わることをあきらめて、咬みつくだけ咬みついて、対案として条例案すら作らない。
これの方がよっぽどただの恰好付け。
市会議員としての無能さ、無責任さを露呈している気がします。

さらにいえば、市民の皆さんに問題点と変わるべき先を提示することが、パフォーマンスであるのならば、むしろそうであると思います。

市民の皆さんと皆で議論がしたい。
私はその出発点が、議員提案の条例案だと考えます。

庭山議員も普段から、市議会議員の報酬の高さ
を批判して咬みついているのに、
「本気度が伝わらないから報酬半減には反対」とかいう、良くわからないことを言っていないで
ちゃんと議員らしい行動をするべきだと思います。

ここでいう議員らしい行動というのは、
議論の前提として、ちゃんと実際に条例案を作ること。

シュミレーションが足りないというのなら、それを庭山議員が作ったっていい。
志はあるのだから、批判して咬みついてばかりいるのではなくて
自分で仕組みを作る努力をされるべきだと考えます。

役人に咬みついて問題点を告発して、変えるのは役人まかせでは無責任でしょう。

ご自分で議員提案の条例案をいまだ一個も作ったことのない庭山議員においては
まずは自分で対案をつくられることを期待します。


第3回 議員報酬半減条例 最終回 11月11日19時〜









posted by なすお at 19:18| Comment(3) | 日記