2011年05月25日

時間がすごいスピードで過ぎていく!

市議会議員になって、一番強く思うこと。

「1日ってこんなに時間が短かったっけ?」

感覚としては、1日24時間じゃなく、1日18時間くらいの感覚です。
日中の私の6時間を、気付かないままどこかに時間泥棒されている感じ。

私は、自らの議員報酬をまちづくり事業に全額投資すると
選挙で宣言した、全国で唯一の市議会議員です。

その為、生活費を自分の力でまかなう必要があります。
だから、他の市議会議員さんより頑張らなければなりません。


ちなみに、今の私の標準的なスケジュールをお伝えしますと

午前6時        起床
午前6時〜午前7時半  実家旅館お客様の朝食準備
午前8時〜午前9時   一日の準備、スケジュール管理
午前9時〜午前12時  市民の皆さんのところへ政策の説明をして回る
お昼休み
午後1時〜午後3時   政策の研究および勉強時間(今は自治法・地財法)
午後3時〜午後6時   まちづくり事業の準備・打ち合わせ
午後6時〜午後9時   所属まちづくりボランティア団体への参加およびその仕事       
午後9時〜午前1時   実家旅館の仕事(会計およびフロント業務)
午前1時〜午前6時   旅館宿直をかねながらの睡眠

慣れればもっとうまく時間を使えるようになると思います。
とにかく毎日、充実していますよ(笑)。



posted by なすお at 11:12| Comment(0) | 日記

昨日は末広商店街の総会でした


昨日は末広町商店街の総会でした。

昨年度の末広町商店街は
通常年1度の歩行者天国イベントを春・秋の2回やりましたし
桐生映像カフェの事業も始めましたし
その他、様々盛りだくさんの1年でした。

今年度も、事務所移転も含めて
予定する事業も多く、とても楽しくなりそうです。

八木節祭りにおいても、
賑わいを出そうと、地域の若手に場所を提供する
おもしろい企画が進行中です。

末広町は理事長と専務、およびそれを支えるメンバーがとても積極的だから
ほんとに面白いんですよね。

posted by なすお at 10:38| Comment(1) | 日記

2011年05月24日

政務調査費について


庭山議員のブログ。
こんなに影響力があるとは、恐れいります。

最近、えらい頻度で庭山議員のブログに私の名前が登場しているのですが
おかげで、私のホームページの来客者が増える増える(笑)

庭山議員のブログ↓
http://www5.diary.ne.jp/user/542857/


ありがたいのですが、誤解を与えてしまっている部分もございますので
市議会議員の責任義務として、自己の部分について御説明いたします。


@政務調査費について

政務調査費、桐生市議会議員は年額およそ40万円ほど、自己の政治活動において、その費用を
桐生市に請求することができます。
たとえば、パソコンやプリンター、デジカメ、その他書籍、交通費などわりとおおらかな範囲で
桐生市からお金をもらえます。報酬とは別に。

この政務調査費、私は辞退いたしました。

理由は、議員報酬が高すぎるからです。
今月の実感時給でいえば1時間2万円弱位でしょうか、もちろん勉強時間は抜いてですが。

議員報酬があまりに高額なので、そこで政治活動の費用を工夫・工面すれば
それで足りると私は判断いたしました。

もっとも、私の場合、まちづくり事業に議員報酬を全額投資しながらになりますので
かなりの工夫が必要ですが。
この点は後日御説明いたします。


もっとも、議員報酬が今の月額およそ50万円(およそ年800万円)
から、欧米先進国のように、ほぼボランティアでまかなわれるのであれば
政務調査費は受け取っても良いものと考えます。

したがって、政務調査費を否定するのではなく、現時点で私は必要無いと判断いたしました。
それだけの事です。


A荒木議長の所信表明について

荒木議長はこれから、大きな責任をもって議会改革を進められます。

その意味で、市民の期待を煽った分、失敗すれば荒木議長は政治生命を失ってしまうでしょう。
逆に、成功すれば議員を含めたすべての市民から、大きく賞賛されるべきです。

今まで歴代の議長が成し得なかったのだから
その改革に成功することができれば、間違いなくその実績は荒木議長のものです。

それは事実なのだから、議会改革を目指す者としては、それをけっして茶化してはいけません。

議長は命掛けの改革に挑戦しようとしているのだから。


私は荒木議長を応援いたします。


posted by なすお at 01:09| Comment(0) | 日記