2011年06月26日

あらためて会派について


市議会議員として公人になったからでしょうか、
私に関しての噂話をよく聞くようになりましたね。

私自身、噂話は好きでしたので、ブログを見て頂いている方へのサービスとして
私に関しての噂の真相についてお知らせして参ります。


「伏木は会派に入れてもらおうとしたけど、入れてもらえなかった」

これは、半分正解で、半分はずれでしょうか。

ご存知の通り、私は会派について、否定もしないし肯定もしていません。
ただ、議員提案型の議会になれば、市議会レベルでは、自然と会派は無くなるだろうなと考えています。

会派を否定するにも、会派とは何かが分からなければ説得力に欠く。食わず嫌いは良くない。
だから、とりあえず会派に入った方が良いとアドバイスして下さる方がたくさんいました。

その点、一理あるなと思いまして、会派について勉強する意味で、会派入会のアプローチをして下さった方とは、すべてお会いさせて頂きました。

今でいうと、政研クラブさんと創志会さん。

しかし、いずれも入会には至りませんでした。

私の議員報酬をまちづくりに還元投資する手法の取下げが、絶対条件でしたので。
取下げはお断りさせて頂きました。

まさに初っ端から、会派制のデメリットにぶつかったわけですね。
いきなり勉強になっちゃいました(笑)

もっとも、会派に入っているすべての方が、私に党議拘束を求めたわけではなく、会派内のバランスの中で伏木は認められないとのこと。

伏木やすお、バランスブレーカー。
新しい価値観を創造したいと考えるのだから、当たり前ですね。

ということで、会派の立ち上げの際には、また誘って下さい。
自分の価値観は絶対ゆずりませんが。それでも良ければ。

posted by なすお at 19:27| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
最後の言い回し、いいねー!いつまでも初心を忘れずに。

会派に入ると、やりたい事が出来なくなりそうだね。
Posted by たかたか at 2011年06月27日 10:32
たかたかさんへ:

本当にやりたい事がある場合には、会派にはいられないですね。たぶん(笑)

特に新人議員においては、かなりの割切りが必要なんだなと、常々感じてます。

議会活動は、すべて自分で勉強して、すべて自分の責任になってしまいますから、結構大変ですが、その分やりがいを持って活動できるので、意外と僕は幸せなのかなって最近は思ってます。

ということで、たかたかさん、早速のコメントありがとうございます!
またよろしくです!

Posted by fusegi at 2011年06月27日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: